FC2ブログ
玉泉寺の蓮華升麻パートⅣ(8月20)
- 2010/08/25(Wed) -
この日は仕事でしたが、2便目に山陰(倉吉)への配達だったので仕事帰りに玉泉寺へ
再び蓮華升麻の綺麗なのが咲いてないか立ち寄ってみました。沢山の蕾があっただけに
機会あるごとに訪ねて蓮華升麻を拝見しますが、咲いてる花姿に感動します\(^o^)/


『玉泉寺の森の貴婦人(蓮華升麻)パートⅣ』

蓮華升麻1

今回はとても美人な森の貴婦人に出会えました(^_^)v

           レンゲショウマ1

アップで
開花して2日ほど経過してますが、花姿はとても綺麗です。

レンゲショウマ1-2

正面より

           レンゲショウマ1-3

蓮華升麻2

開きかけた蓮華升麻

           レンゲショウマ2-3

           レンゲショウマ2
          
レンゲショウマ2-2

           レンゲショウマ2-4

蓮華升麻3

沢山の蓮華升麻

           レンゲショウマ3

レンゲショウマ3-2

蓮華升麻4

           レンゲショウマ4

蓮華升麻5

3輪のレンゲショウマ

           レンゲショウマ5

蓮華升麻6

3輪の中の1輪が咲きたてで、この日一番綺麗でした

           レンゲショウマ6

横の構図で

レンゲショウマ6-2

玉紫陽花 

玉紫陽花も開きかけてました

玉紫陽花1

玉紫陽花2

マツモトセンノウ

鮮やかな朱色のマツモトセンノウがまだ咲いてました

           マツモトセンノウ2 

マツモトセンオウ1

ナツズイセン 

沢山のナツズイセンが咲いてました 

ナツズイセン1

この日は仕事帰りでしたので思う存分には撮れませんでしたが、綺麗な蓮華升麻が見えました。                   
ナンバンハコベ(南蛮繁縷)

ネットしらべに因りますと
ナデシコ科の中で数少ないつる性の植物にナンバンハコベがあります。つる性といっても、マメ科やヒルガオ科のようにまきひげや茎で巻きつくのではなく、自らの茎で直立せずに他の植物に寄りかかって生長するのが特徴です。山地に生えて8月ごろに白い花をつけますが、花のかたちがかわっていて、細い花弁は真ん中で外側に折れまがり、満開になるにつれてだんだん外側に開いていきます。スペイン、ポルトガルあたりの由来を示す「南蛮」の名も、異国を思わせる花の形からついたもののようです

山陰へ行く道中に人形峠の辺りで毎年ナンバンハコベの花が咲くのを覚えてたのでちょっと
止まって見ましたら案の定咲いてました。この地味な花、皆さんはご存知でしょうか?


ナンバンハコベ1

           ナンバンハコベ2

ナンバンハコベ3

今年は以前撮った場所より2mほど離れて沢山咲いてました。
スポンサーサイト



この記事のURL | 8月 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<夏の山野草散策(新見)パートⅡ | メイン | 玉泉寺の蓮華升麻パートⅢ(8月16日)>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://111maccho.blog87.fc2.com/tb.php/698-257264fc
| メイン |