岡山近郊に咲くウメガサソウ(6月15日)
- 2011/06/29(Wed) -
仕事が少し早く終ったので、そろそろ咲く始めるウメガサソウを撮りに
岡山近郊の山に出かけた来ました。皆さんはこんな花ご存知でしょうかね?
私も2年前にこんな花があることを知って驚きました。しかし、自生してる所が荒れる一方で
段々数も減ってるような気がします。今年は昨年に比べると少なかったです。


『ウメガサソウ』イチヤクソウ属

(ネット調べにて)
山間の林の中などに生える多年草。名前の由来は花の形が梅に似て、笠のように下向きに咲くことによる。草丈は10㌢~15㌢と小ぶり。葉は常緑で長さ2㌢~3.5㌢、長楕円形でつやがあり輪生状につく。葉の先はとがり鋭い鋸歯がある。花は直径約1㌢ほどの白色で、中心部が淡紅色に染まる。開花時には下を向いて(傘の状態)咲き、花は徐々に横向きになり、果実の頃には上向きになり種子を実のらせる。果実は果で上向きにつき、扁球形の種子を実のらせる。

苔の生えた木の側で
ウメガサソウ1

単独でぽつりぽつり
           ウメガサソウ2

花芯が何とか梅色に見えるかな?
           ウメガサソウ3

ウメガサソウ4

ウメガサソウ5

縦に
           ウメガサソウ6

少しアップで
           ウメガサソウ7

木漏れ日の射すような所に咲いている5~6cmの背丈で薄暗い所に咲いてるので撮りにくい花です。
でも、白く可愛い花なので撮る場所を選べば魅力もある花です。今年は少なかったな~!

スポンサーサイト
この記事のURL | 6月 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<わが家の睡連木(6月16日) | メイン | 玉泉寺にてパートⅡ(6月12日)>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://111maccho.blog87.fc2.com/tb.php/803-24bee0e8
| メイン |